ポストに投函することによるメリット・デメリット

ポスティングはポストに投函して行う宣伝方法です。ポストに投函するという方法はメリットだけでなく、デメリットもあります。ポスティングを依頼しようと検討している企業や店舗は、前もって確認する必要があります。

ポスティングのメリット

目に触れる機会が多い

ほとんどの人が、ポストの中を確認するので、チラシを投函すれば必ず目にします。広告はまず相手に見てもらうことが重要なので、手にして読んでもらうという点では、高い宣伝方法といえます。また、新聞を購読していない人にも、宣伝することが可能です。

チラシ以外も投函できる

ポスティング業者によっては、チラシ以外を投函することが可能です。例えば、ポケットティッシュによる宣伝方法があります。ポケットティッシュはもらっても損することはなく、持っていれば便利なアイテムでしょう。

使用する度に目にしますから、相手に企業や店舗の名前を覚えてもらえるようにできるでしょう。他にも、化粧品などの試供品も投函できるので、その企業の商品の効果を知ってもらうことができます。

ポスティングのデメリット

投函するとクレームに繋がることも

中には、チラシお断りの記載があるポストに投函したり、投函している時を住人に見られたりして、クレームに繋がることがあります。これによって、謝罪を要求されるケースもあるため、依頼した企業や店舗のイメージダウンに繋がる恐れがあります。

上記のデメリットは、クレーム対応をしてくれる会社や、前にクレームがあった世帯を除いてポスティングしてくれる会社を選ぶようにしましょう。また、他にも、ポスティングのメリットとデメリットはあるので、それについても把握しておくことが重要です。

知っておきたいメリットとデメリットについて詳しく知る

他の宣伝方法とポスティングを比較

宣伝する方法は、ポスティング以外にも様々な方法があります。そのため、どの方法を選べば高い宣伝効果があるのか迷うはずです。ポスティング以外の宣伝方法について紹介しているので、それを見て比較してみてください。

フリーペーパー

フリーペーパーとは無料配布の新聞や雑誌などの情報誌のことです。この情報誌は人が多い場所で配布されているので、興味がある人は手に取って見てくれる可能性が高いです。ただし、配布時期が短かったり他の競合店舗などの情報も載っていたりするので、他の企業や店舗と比較される可能性があります。

インターネット広告

インターネット広告は、パソコンやスマートフォンを使用している人に宣伝できます。そのどちらも持っていない人に宣伝することはできませんが、広告を見て欲しい人の年齢や地域を設定できるので、効果的な宣伝が可能です。しかし、他にも多くの広告があるため、目立たずに見てもらえないことも多いです。

タウンプラス

郵便局のサービスのひとつがタウンプラスで、エリアを指定すると郵便物としてチラシを配布してもらえます。それだけでなく、性別や年齢、家族構成、住宅別世帯などから、データを絞り込んで配布できるので、自分で調査をする手間が省けるのです。そのため、チラシ1枚あたりの値段は約30円と、高くなっています。

様々な宣伝方法がありますので、ポスティングとの比較の際に参考にしてみてください。他にも、新聞の折込チラシによる宣伝方法もあります。こちらもポスティングと同じように、ポストに投函する方法の宣伝方法なので、どちらのほうが効果的なのか比較しましょう。

新聞折込と比べてについて詳しく知る

信頼できるポスティング業者の選び方

ポスティングで宣伝を検討している企業や店舗は、ポスティング業者に依頼しましょう。ただし、どの業者でもいいという訳ではありません。

安心して任せることができる業者でないと、クレームが起きたり、宣伝の効果がなかったりするのです。そのため、業者選びがポスティングを成功させるために欠かせないポイントです。ポスティング業者を選ぶためのポイントをいくつか紹介します。

スタッフ募集の内容を確認

ポスティング業者のホームページで、求人募集の内容を確認します。どの業者も、ポスティングを行うのは、ほとんどアルバイトの人達です。そのため、アルバイトへの待遇が良いか、気遣いができているかで仕事への誠意も変わってくるはずです。

あるポスティング業者では、配布する当日に電話で呼び出して、ちゃんとした指導も行わずに業務をさせた例があります。前もって指導するかどうかを、求人募集の内容を確認しておくことが重要です。

電話対応で判断する

ポスティングを依頼する際に、電話対応したスタッフの対応の仕方をチェックします。なぜなら、ポスティング業者は、業務の際にチラシを受け取る住人の人と対面することがあるからです。

その時の対応が良ければ、相手に不快感を与えずにクレームを防ぐことに繋がります。依頼した企業や店舗の評価を防ぐためにも、好印象を与えることができるスタッフがいる業者を選ぶ必要があるのです。

電話対応がしっかりしているスタッフならば、新人指導もしっかりと行っているはずです。ただし、電話対応が良くても、全員がちゃんと指導できる訳ではないので、あくまで判断材料のひとつとして選んでください。

大手企業との実績があるか確認する

依頼しようと考えているポスティング業者に、今までにどんな企業や店舗と取引したのか聞いてみてください。その際に、大手企業との取引をした実績があれば信頼できます。

その理由は、大手企業には販促や事業をサポートするための部署があるので、ポスティング業者を選ぶ際も厳しくチェックを行うのです。チェックを行い、信頼できると判断した業者なら問題ないはずです。

このようなポイントに注目して探せば、信頼できるポスティング業者を見つけることができます。ポスティングは自分達の見えないところで行われている業務ですから、身の覚えのないことでクレームがこないように気をつけてください。

効果の出るポスティング業者の選び方

反響の高いポスティングをするためには、経験がありノウハウも豊富なポスティング業者に依頼する必要がありますが、それだけではなく、スタッフの管理力やマーケティング力もある会社を選ぶことが重要です。
スタッフと配布状況をしっかりチェックする体制があり、ターゲットに合わせたポスティング計画をたてられるマーケティング力がある業者であれば確実に反響が出るでしょう。また、価格だけを見て安いからと依頼せず、なぜ安いのかを確認してから頼むようにしましょう。

ポスティング業者を選ぶ際に重要視すべきこと

ポスティングを外部委託する際には、どうしてもコストに重点を置いて格安という言葉に惹かれてしまう企業が少なくありません。

しかし、製品やサービスの宣伝を行うポスティングは、いわば企業の顔です。コスト削減も重要ではありますが、ポスティングを完全に任せるのであれば、信頼できる業者に依頼することが大切だといえます。

費用だけに着目するのではなく、長く付き合うことのできる業者であるかという点に重きを置いて、業者の選別を行いましょう。

特定のエリアに対してしっかりとした知識があるか

ポスティングは全国規模で行うようなものではありません。大抵は、店舗に来客する顧客の居住区域や、サービスを利用してくれる可能性の高い顧客の居住区域をターゲットに行われます。

そのため、ポスティングを依頼するのであれば、ターゲットの知識に根付いた地元の業者に依頼することをおすすめします。地元の業者であれば、ターゲットの地域の中でも、どのエリアにどのような住民が暮らしているかといった情報を豊富に有しています。

地元を知り尽くした業者であれば、企業のチラシを顧客に合わせてデザインした上で、ターゲットとなり得る住人に適格に配布してくれるでしょう。ポスティングは、ただ商品やサービスの情報を詰め込んだチラシをポストに投げ込めばいいというものではありません。

デザインが目に止まらなければ、そもそもチラシに目を通さないで捨てられてしまう可能性も十分に考えられるものです。

そのため、同じスーパーマーケットのチラシでも、ファミリー層が多いのであれば食材や雑貨を大々的に取り上げたり、高齢者世帯が多いのであれば宅配サービスに重点を置いた内容にしたりと、ターゲットに合わせたデザインが求められます。

その点をよく理解した上で、ポスティングを行ってくれる業者は優良だといえるでしょう。地元の業者だからと安易に発注するのではなく、まずは相談してみてどのような業者であるかを確認しましょう。

そして費用に見合ったサービスが期待できるかを十分に吟味した上で、発注してください。

誠実な対応をしてくれるか

全国的にポスティングを受注している業者はたくさんありますが、残念ながらその全てが優良な業者だとはいえません。

どんなに優良なサービスと格安の価格設定を行っていても、担当者がいい加減では、企業が期待するようなポスティング効果は望めないでしょう。業者にも相性の合う業者とそうでない業者がいるので、サービス内容だけでなく担当者の人柄もみておくと安心だといえます。

発注前の相談の段階で、企業の希望によく耳を傾けてくれるかをチェックしましょう。下手に実績のある業者の場合、企業の話をよく聞かずに独自のデザインで制作を推し進められてしまうこともあります。

あくまで企業が主体となってデザインを決めることができるか、企業の話によく耳を傾けて少しでも希望に沿うとする姿勢が見えるか否かを、しっかりみておきましょう。

大抵の業者は信頼できますが、悪質な業者の場合、チラシを制作するだけで配布作業をサボるようなこともあるかも知れません。

せっかくデザインに力を入れてチラシを制作しても、そのチラシが顧客のもとに届かないのでは全く意味がないので、きちんと仕事を行ってくれるか確認するためにも信頼できる業者を見極めることが大切だといえます。

ポスティングを受注している業者はたくさんあるので、どの業者を選べば良いのかわからないという場合には、インターネット上の口コミ情報を参考にしましょう。実際に発注した企業の声であれば、信用できるといえます。

それぞれの業者の特色も分かるので、業者選びに迷った時には口コミを頼るというのも一つの手です。

優良業者かどうか見極めるためのポイント

ポスティングを受注している業者は、地元の情報に明るい信頼できる業者が大切です。具体的にどのような方法で信頼できるか否かを見極めれば良いのか、いくつかポイントがあるので、発注する前に良い業者を見極める方法を把握しておきましょう。

地域の住居データを把握しているか

業者に相談する時には、まずはポスティングを行いたいエリアについて、どの程度知識を有しているかをチェックしましょう。

例えば、実際に企業が配布したいチラシの企画を持ちかけて、業者にどのエリアのどの層に配布してくれるか尋ねてみると良いでしょう。

業者に配布するエリアを実際に選んでもらって、その理由について具体的に説明できるのであれば、地元の情報をよく知っていると判断して間違いありません。

反対に、しどろもどろで具体的にエリアについて説明できないようであれば、その業者を利用することは避けた方がいいでしょう。

また、今までの実績を直接尋ねてみるという方法もおすすめです。企業の企画を提示した上で、似たようなサービスのチラシを配布したことがあるか、またどのような反響があったかを尋ねてみましょう。

返答次第で実績の多い業者であるか、似たようなサービスを頻繁に扱っている業者であるかといった点が確認できます。

ポスティング業者にも得意不得意があるので、自社に似たサービスを頻繁に取り扱っている業者であれば、ターゲットを適格に選んでチラシを配布してくれるはずです。

当然、集客率アップに繋がるので、自社と相性の良い業者を選ぶようにしましょう。

ポスティングを依頼した後の報告体制がしっかりしているか

良さそうな業者を見つけたからといって、ポスティングを依頼してそれで終了というわけではありません。優良な業者を見つけたら、必ずデザインとスタッフの管理体制の2点は確認しておきましょう。

ポスティングを依頼したい優良な業者が見つかったら、具体的な打ち合わせに入ります。そこで、企業の企画に対してどのようなチラシデザインを制作してくれるか、可能であれば実際に図案を描いてもらいましょう。

どんなにセンスの良い業者でも、自社のサービスとは相性が悪い場合もあります。自社の企画にあったデザインをしてくれるかを確認しておくと安心だといえます。

また、どんなに担当者がいい人でも、実際にポスティングを行うのは別のスタッフです。日雇いのアルバイトに配布させている場合、アルバイトが個人的にチラシを配布せずに処分してしまうことも考えられるのです。

そのため、どんなスタッフが配布を行うのか、スタッフの雇用体系はどうなっているのかといった点まで尋ねておきましょう。日雇いのアルバイトではなく、業者が正式に契約を交わして雇用している常駐のスタッフが配布してくれるというのが、信頼という点で一番理想的だといえます。

また、きちんと配布したか企業が確認するために、どのような報告体制を取っているのかといった点も確認しておくと安心です。

チラシを単体で配布しているか

チラシの配布に限らずどんな仕事でも、一つのことに集中すればミスは起こりにくいものですが、複数の業務をまとめて行おうとするとミスが発生する可能性は高くなります。

自社の依頼に対して、自社のチラシのみを単体で配布してくれるのか、それとも他者のチラシと一緒に配布するのかといった点にも着目しましょう。

複数社のチラシを同日に大量に配布するという作業を行うと、自社のチラシを間違ったエリアに配布されることや、最悪の場合には配布し忘れるといったミスが発生することも考えられます。

もちろん、複数社とまとめて配布することで割引価格を適用してもらっている場合は話が別ですが、単体で配布することを前提として契約を結んでいるのであれば、自社のチラシだけを配布してくれるか念押ししておくと良いでしょう。

いつ配っても良いようなチラシであれば、ミスが起こっても翌日に配布し直すといった措置をとることもできます。しかし、期間限定のキャンペーンや、当日開催予定の特売情報が掲載されているようなチラシは、配布漏れが発覚した場合には取り返しがつかないことになります。

大切なチラシこそ、単体で配布されるか否かを、しっかりと確認しておくことが大切だといえます。

一目で分かる効果の出るポスティング業者比較一覧

ポスティングサービスを依頼するときには複数の業者を比較すると思いますが、最近は新聞購読者の減少に合わせるように、ポスティング業者の数がどんどん増えています。中には優良とはいえない業者もいるので、依頼する場合には十分注意する必要があります。

こちらでは、東京でポスティングサービスを提供している“評判のポスティング会社”15社を紹介します。1枚あたりの価格、配布報告の有無、配布開始日、配布チェックの有無(GPS有無)、信頼度の高さなどポスティングの効果ついて比較しました。信頼度については自社のスタッフを配布員にしているかで評価しましたので、東京で反響率の高いポスティング業者を探している方は参考にしてください。

  リアルメディア
ジャパン
リアルメディアジャパンのHPキャプチャ 公式HPへ
トーカン
エクスプレス
トーカンエクスプレスのHPキャプチャ 公式HPへ
アドネットアドネットのHPキャプチャ 公式HPへ ポステップポステップのHPキャプチャ 公式HPへ フット
ワークス
フットワークスのHPキャプチャ 公式HPへ
1枚あたりの価格 2.8円~ 5.0円~ 5.4円~ 4.3円~ 4.7円~
配布報告 翌日 翌日 月曜日 記載なし 翌日
配布開始日 納品翌日 3日後 納品3~5日後 納品翌日 1週間後
配布
チェック
GPS追跡 GPS追跡 GPS追跡 リーダーによる
チェック
GPS追跡
信頼度の
高さ
○自社配布スタッフで対応 △ △ △ ○自社配布スタッフで対応

方法次第で売上が右肩上がりに!ポスティング
反響率アップのコツ

ポスティングの反響率をアップさせるにはコツが必要!!
ポスティングの反響率を上げるために、まず売上をどうやってアップさせるのか目標を明確にし、具体的な目標を設定します。
次にターゲットやポスティングする地域、反響率、効果的に配布できる曜日、今回配布したチラシの改善点などのデータについて分析し、そのデータを次のポスティングにいかします。
何のチラシでどんな有益情報が書かれているのかすぐわかるようなチラシは反響が高く、最初に目にした時に何が書かれているのかわからないようなチラシはすぐに捨てられてしまうことが多いのでターゲットに見てもらえるような工夫も必要です。
目的を明確にする

1.目的を明確にする

ポスティング反響率を上げて効果を十分に得るには色々な工夫やコツが必要になります。印象的で目に留まるようなデザインであることも重要ですが、他にも目的と目標を設定することが反響率アップにつながります。
売上アップを目的にチラシのポスティングをすることが多いですが、やみくもに配布せず、新規顧客を開拓したい、リピーターを増やしたいなど、どうやって売上を上げるかについて明確にする必要があります。
データを駆使する

2.データを駆使する

ポスティングで反響率を上げて結果を出すには6つのポイントがあります。
ターゲットを明確にして配布すること、ターゲットが興味を持つ情報を知ること、ポスティングエリアの世帯などにについて知ること、どのエリアの反響が良かったのか反響率を分析すること、効果的な配布ができる曜日を知ること、配布効果を確認して次のポスティング効果を上げられるような改善点を見つけることの6つ。詳しく6つのポイントを見てみましょう。
目に留まる工夫をする

3.目に留まる工夫をする

チラシが目に留まるような工夫をすることで反響率は上がります。投函されたチラシは何のチラシで、どんな有益情報が載っているのかすぐわかることがとても重要。一瞬で情報がわからないチラシはすぐに捨てられてしまいます。
また、ターゲットの好奇心を刺激するようなチラシであれば必ず見てもらえます。心が動かされるキャッチコピーを記載したり、紙の大きさ、形、厚さ、質などを個性的なものにして一緒にポストに投函されている他のチラシと差別化を図ることで注目度がアップします。
こまめに改善する

4.こまめに改善する

ポスティングの改善を何度も繰り返すことで反響率が上がっていきますが、ただ同じことを繰り返すのではなくこまめにチェックして改善点をみつけ、次のポスティングに反映しましょう。チラシの内容、配布する地域、配布する曜日などについての効果を検証し、次回のポスティングにつなげていくことで更に反響率を上げることができるのです。
ポスティング改善のためには配布したチラシにどんな反響があったのか効果測定をしなければならないので、チラシ配りのたびに反響について記録しておきましょう。

依頼する前に知っておきたいポスティングの基礎知識

依頼する前に知っておきたいチラシや冊子、カタログ、試供品などの販促物を住宅や事業所のポストへ人間が直接投函するポスティングには「相手に直接宣伝できる」、「確実に反響が得られる」といった効果があります。ほとんどの業者がポスティング費用について枚数単価で算出していますが、料金相場は配布方法と地域によって異なることも。

料金相場、ポスティング依頼の流れ、配布方法、デザイン、格安に済ませるコツ、新聞折込との比較、ポスティングに関するQ&A、ポスティングのメリットとデメリットについて説明しています。

口コミで見るポスティングの効果

実際にポスティングによる効果があるのか、気になる人も多いはずです。本当に集客に繋がるのか、宣伝効果があるのか、疑問に思うでしょう。ここでは、ポスティングを依頼したことで、効果があった企業や店舗の口コミを掲載しています。

実際に依頼した人達の口コミ

ポスティングのおかげで店を知ってもらった(セレクトショップ/女性)

それなりに人通りのあるところにお店はありますが、2階にあるので気づかない人が多いです。2階なので目立つ看板も用意できないので、ポスティング業者に依頼して、チラシを配布してもらいました。それから何週間後に、配布したチラシを持ってお店を訪れる人が増えだしました!訪れたお客様からは、「こんないいお店なのに気がつかなかった!」といわれて嬉しかったです。

新規のお客さん50名も獲得できました!(美容室/男性)

前にクーポンのついたフリーペーパーで宣伝しましたが、宣伝効果が低くお客さんは増えませんでした。他の方法を探そうと思い、ポスティングで行おうと考えたんです。それで依頼したポスティング業者は、配布するエリアを細分化して、20代・30代の女性にターゲットを絞り込みました。そのおかげで、徐々にお客さんが入ってきて、50名もの新規のお客さんが入ったんです!クーポンの時よりも安い費用だったので、とても満足しています。

ポスティングのおかげでスタッフが増えました!(飲食店/男性)

今在籍しているメンバーの多くが退職するので、急遽新しい人員を増やすために募集をかけました。できるだけ近場に住んでいる人を採用したかったので、ポスティングで求人募集を行いました。そのおかげで、近辺に住んでいる4名の募集があり、全員採用しました!ポスティングなら地域を限定できるので、求人誌での募集よりも安く済みました。

口コミを見てみると、実際にポスティングで集客や求人募集に成功した人がいます。他の成功事例を見て、ポスティングを行うかどうか決めましょう。

業界別効果の出るポスティング
成功事例

ポスティングの効果を
最大限に得られる業界とは?
ターゲットを絞り込んでチラシ配布ができ、反響率も高いポスティングですが、どんな業種にでも効果があるわけではなく、ポスティング向きでない業種もあります。
ポスティングは狭いエリアに対し集中的に販促物を配布するので、広い地域からの集客が必要な大型商業施設や商品が大きい家具店、特定の人にだけ価値のあるマニア向けの店ではポスティング効果はあまり得られないでしょう。
ポスティングに向いている業種のポスティング成功事例を紹介します。

不動産

高額所得者層をターゲットにして、リゾート物件の販売を促進したなど、不動産業界のポスティング効果事例を見てみましょう。 効果事例を見る

飲食

地域に密着した飲食店だからこそ、エリアマーケティングのできるポスティングは効果抜群。チラシ配布の効果事例を詳しく見てみましょう。 効果事例を見る

美容

クーポン付きのチラシ配布で新規顧客を獲得し、リピーターに育てるという美容業界の戦略とポスティングはマッチします。各業種の効果事例を見てみましょう。効果事例を見る

塾・習い事

ターゲットが限られる業界だけに、最適な配布エリアを選べれば、ポスティング効果は抜群。効果事例を詳しく見てみましょう。効果事例を見る

生活・サービス

新聞購読率の下がっている昨今、ポスティングはこの業界の新たな販促手法となり得ます。実際に効果事例を見てみましょう。効果事例を見る

健康

気に入れば、リピーターとなってくれる確率の高い業界。まずは新規顧客を獲得するために、ポスティングを使ってみては?効果事例を見る

選挙

分かりやすいチラシを作ることに長けたポスティングであれば、支持者層の拡大にもつながります。選挙でポスティングを使った効果事例を見てみましょう。効果事例を見る

ポスティングとビラ配りの効果の違いとは?

ポスティングとは、家や事業所のポストにチラシを配ることをいいます。ポスティングの効果は、ポストにチラシを入れておけば、1度はチラシを目にしてもらう可能性が高いことがあげられます。

そのため、チラシに工夫をして目立つようにした場合には、より効果が大きくなる可能性があるのです。また、チラシだけでなくサンプルなどの商品を試してみてもらえるものをポストに入れることができますので、さらに効果が上がる可能性があります。

一方、ビラ配りとは、街などの外で、直接人にチラシを配ることをいいます。ビラ配りの効果は、直接人に渡せるため見てもらえることが多いことがあげられます。

他にも、ただチラシを渡すだけでなく、声をかけるなどの工夫をすることでより効果をあげることができます。また、女性向け商品の

チラシであった場合、女性だけに配るなど、ターゲットになる人だけに配ることができるので、効率的に効果をあげることができるのです。

ポスティングに適した曜日や時間

ポスティングは、いつ行えば効果がいちばんあがりやすいのでしょうか。ポスティングに適した時間帯や曜日は、目的によっても違いますし、業種によっても違ってきます。

例えば、頻繁にポストに入っている不動産のチラシは、大きな買い物のため、家族全員が帰ってくる夕方前に入れておくと効果的です。平日の昼間は奥様しか在宅していない家庭に、昼間にチラシを入れておいても、ご主人までチラシが到達する可能性は少なくなります。

また、ファミリーレストランなどの家族向けの飲食店は、土曜日や日曜日に家族で来てもらうことが目的のため、ゆっくりと目を通してもらえる土曜日の朝の前までには、ポスティングをしておくことが必要です。他にもスーパーのチラシは、特売日に特売品を目当てに来店してもらうことが目的のため、特売品の2,3日前から前日までの間にポスティングしておくことが大切なのです。

このように、ポスティングで効果が上がる曜日や日は、目的や業種によって全く違うのです。

ターゲットとするユーザー層の特徴

多くの枚数のチラシを、まったく戦略もなく配っているだけでは、ポスティングの効果はあがりません。現実的には予算もありますので、ポスティングは、ターゲットを絞って最大の効果が得られるように行うのが良いでしょう。

例えば、住宅リフォームのチラシなら、アパートや賃貸マンションにポスティングをしてもまったく意味がありません。そのため、一戸建て住宅や分譲マンションなどに絞って、ポスティングを行うと良いでしょう。

一方で、住宅購入のためのチラシであれば、住宅購入のニーズがある賃貸住宅に配ると効果があるかもしれません。また、インターネット回線などの通信回線のチラシは、集合住宅にターゲットを絞ることができますので、集合住宅にポスティングをすると効果があるでしょう。

他にも、飲食宅配やリサイクルやスポーツジムなどのチラシのターゲットは、賃貸か分譲マンション、一戸建てなのかでは絞ることができないため、すべてがターゲットになります。

ポスティングに向いていない地域とは?

ポスティングで大切なことは、多くの人に商品や店などを知ってもらい、足を運んでもらうことや商品を購入してもらうことです。そのため、効率的にできる地域を中心にポスティングを行っていけば、効果が高くなります。

それでは、ポスティングに向いていない地域とは、どのような地域なのでしょうか。まずは、ポスティングをすること自体が難しい地域です。

一戸建てが多く、さらに家と家の間が離れている地域などでは、ポスティングを効率的にできません。そのため、多くの人にチラシを見てもらうためには、多大な時間を要してしまいます。

次に、多くの人にチラシを見てもらうことが難しい地域です。街自体に家が少なく、人も少ないためにチラシを配っても多くの人には見てもらうことができないのです。

他にも、足を運んでもらうことが難しい地域などがあります。この場合は、店舗近辺にポスティングをする家や事業所などが少ないため、ある程度遠くの地域にポスティングをしなければなりません。そのため、店舗まで遠いので足を運ぶのが難しくなるのです。

自社でポスティングをすると効率が悪い理由

ポスティングを行うことを決めた場合、業者に頼むと費用がかかるため、自社で行えばいいと考える会社も数多くあるでしょう。しかし、ポスティングがわかっていない会社などが行うと、かえって効率が悪くなり、効果があがらない可能性が高くなります。

そのため、プロである業者に頼んでポスティングを行うことをお勧めします。自社でポスティングを行うと効率が悪くなる理由は、まず、チラシは、プロがデザインをする方が圧倒的に効果があがるからです。

ポスティング業者の中には、チラシのデザインから頼めるところもありますので、費用と相談してできるなら利用した方がよいでしょう。次に、ポスティングに適したルートを選ぶことが、難しいことがあげられます。

効率的にたくさんのチラシを配るためには、ルート選びが大切になります。自社で行うと効率が悪くなり、なかなか配ることができなくなります。

他にも、ターゲットの選定が難しいことがあげられます。ポスティングの目的がそもそもチラシを見た人に商品を購入してもらうことなので、ターゲットにならない人に配ってもなかなか購入してもらえません。

そのため、ターゲットをきちんと選定して、ポスティングをする住宅が、ターゲットになる人が多く住んでいるかを見分けるには、自社でのポスティングでは難しいからです。

継続してポスティングを行うには信頼できる業者の力が必要

ポスティングは割りと手軽にできるため、導入をする会社なども多くありますが、やってはみたけれど成果がでなかったから辞めたという会社も多くあります。なぜ成果がでなくて辞めてしまうのでしょうか。

成果がでない理由は、いろいろありますが、業者選びを間違えたという理由もあるのです。ポスティングで成果をあげるためには、自社だけで行うには経験や人手が足りないため無理があります。

そのため、ポスティング業者に頼むことが必須になります。ポスティング業者には、相場の半額やキャンペーンなど安価で請け負う業者もありますが、ポスティング自体1枚配る単価が低いため、安すぎると利益がまったくでなくなります。

そのため、安すぎるところは、成果がでないところが多いでしょう。ポスティングは、継続すればするほど効果がでるといわれていますので、継続して行っていくためには、最初からある程度成果をだせるような信頼できる業者を見つけることが大切なのです。

ポスティングの効果を高めるには「面白さ」を取り入れよう

ポスティングの目的は、チラシを見た人が店舗に訪れたり、商品を購入したりしてくれることです。そのため、チラシを見てもらう必要があります。

しかし、実際のポスティングにおけるチラシの反響率は、0.3%から0.5%といわれています。ポスティングで効果を上げるためには、反響率を上げる必要があります。

それでは、どのようにすれば反響率が上がっていくのでしょうか。それには、チラシを見てもらう必要があるのです。

チラシを見てもらうためには、印象が少ない単調なデザインのものは避けた方が良いでしょう。いちばん大切なことは、一瞬で目に飛び込む情報が存在していることです。

すなわち、個性的で目に引くチラシが良いでしょう。そのため、「面白さ」をチラシに取り入れるのもいいかもしれません。例えば、販売商品の形をそのままデザインした「型抜き」と呼ばれた技術を使ったチラシや、売りたい商品にキャッチコピーをつけてのせているチラシや、店のニュースなどを面白おかしくのせているチラシなどがあります。

このように、ポスティングで配るチラシを面白くすることによって、ターゲットの興味を持たせる効果があります。そして、ポスティングの効果も自然と上がっていくのです。

ポスティングを依頼する際に業者に伝える内容

ポスティングは手軽に行える広告活動の一種であり、取り入れている企業も多くあります。企業の多くが、ポスティングを請け負っている企業に依頼をしていると思いますが、やり方次第でポスティングの効果が大きく変わってくるのです。

そこでポスティングを依頼する企業に対して、要望を伝えておくことが重要になります。ポスティングはただやみくもに広告を配布すれば成果がでるわけではありません。何も考えずにポスティングするだけでは、印刷費や業者への依頼費用がムダになる可能性が高くなります。きちんと計画を立ててポスティング依頼することが、集客力アップや知名度アップにつながるのです。

たとえば目標を設定することも大切ですが、漠然と新規顧客を増やすという目標は高い効果が期待できません。新規顧客を得たいのであれば試しにランダムにポスティングしてみて、その後の結果をみて今後の対策に活かすようにします。地域性を把握することもポスティング効果をあげるために有効です。顧客となり得そうな人たちが多く住んでいる地域に的を絞ることで効率よくポスティングを行えますし、それなりの効果も得やすくなるのです。

ポスティング効果を得るためにも地域情報をマーケティングなどでしっかりと調査して、それをポスティング業者に伝える必要があるでしょう。

1.依頼するお客様の業種

ポスティング業者はポスティングを行うスタッフを何名も雇っており、実際にそのスタッフがポスティングを行います。

業者はポスティングの条件を、ポスティングを行うスタッフに伝えることによって宣伝効果を高められるようになるのです。その一つが依頼主であるお客様の業種になります。お客様の業種によって、配布先が変わってくるからです。配布先が求めているサービスや情報とそのようなサービスや情報を提供している企業(ポスティングの依頼をした企業)を結びつけることによって、ポスティング効果を高めることができるからです。

ポスティングを行うスタッフに対しては、配布先の地域情報について伝えておくことで、スタッフの配布先を選別して、適切な場所にポスティングを行うことができるようになります。

2.ポスティングの配布時間

ポスティングを行う曜日や時間帯も実はポスティングの効果を高めるのに影響を与えています。ポスティングは郵便受けをチェックする昼間から夕方の時間帯を狙うことで、目にしてもらえる確率が高くなるからです。郵便物が配布される時間帯は地域によって異なりますので、その時間帯を把握しておくことが、ポスティング効果を高めるのに大きく影響してくるでしょう。

ポスティングの時間帯ですが、避けた方がいいのが早朝や夜間や深夜の時間帯です。たとえば女性の一人暮らしの家に配布するような場合、夜間や深夜に郵便物をあさっていると不審者と間違われることがあります。早朝もポスティングするときに住民を起こしてしまうことがあるため、企業イメージを悪くすることにもつながります。

3.ポスティングしたいチラシの配布枚数

ポスティングの際に気を付けたい点のひとつが配布枚数です。ポスティングのチラシに関してはあえて中身を確認しないで捨ててしまう方が多いのが現状です。そのため配布枚数が多すぎてしまうと、ますます中身を見る気持ちが失せてしまって全て捨てられる可能性が高くなるのです。

ポスティング時に適切な枚数は多くても2~3枚程度です。また枚数だけでなく興味を引き付ける工夫を取り入れることで、配布物に興味関心を持ってもらえる確率が高まります。たとえば紙の厚みや種類、形などを他の配布物と変えるなどして差別化をはかってみると、受け取った人の興味を引くようになります。他にもサンプルや割引券などを一目でわかる場所につけておくのも効果的です。

4.配布したいエリア

配布エリアも定めることで、ポスティング効果がアップします。ポスティングの新規顧客開拓効果は思っている以上に低く、大量に配布しても期待するほどの効果が得られないのです。それよりもそのサービスや情報を求めている滞在的な顧客が住んでいそうなエリアを狙うことで、新規開拓につながりやすくなります。

また既に住所がわかっている顧客、以前ポスティングを行って反応があった家などをチェックしておくと、ターゲットを絞ったポスティングが行えるようになります。ポスティングを請け負っている業者は、実際にポスティングを行うスタッフだけに任せるのではなく、実際に自分で配布エリアを回ってみたほうが配布エリアの選定やマップ作りをするのに役立ちます。

5.チラシの重さやサイズ(手元にある場合)

郵便物などが多くあると特にポスティングの配布物は中身を見られずに捨てられることが多くあります。ポスティングではまずは内容を見てもらえることが重要になりますので、配布物の重さやサイズも重要視する必要があるでしょう。

新聞の折り込みチラシのようなポスティングも多いのですが、そのような配布物は他の配布物と変わりなく、興味を持ってもらえないことが多いのです。配布物の厚みや重さを変えて他と差別化するだけでも、受け取った人の興味や関心を引き付けるようになるのです。ただしあまり厚みがありすぎると郵便受けに入らないことも出てきますし、重すぎるとその場で捨てられてしまうことにもなりかねません。

適切な重さや厚みを考えて、配布物を作成しましょう。

業者との契約で注意しておきたいポイント

ポスティング業者と契約をするときには、依頼費用だけで選ぶのはあまりおすすめできません。費用負担を安く抑えているような業者は、いい加減な作業を行っていることがあるからです。

それよりも重要視したい点のひとつが結果を出してくれるかどうかです。ポスティングの効果は、依頼する業者の手腕によって大きく変わってくるからです。結果を出してくれる業者は、配布を希望しているエリア情報を熟知しています。市場調査をしっかりと行っていて、ポスティングする広告の内容によってどこのエリアに集中して配布したらよいのかを理解しています。また優良な業者は相談にも熱心に応じてくれます。こちらの要望を伝えることによって、その要望にできる限りこたえようとしてくれるでしょう。エリアや配布時間帯などについて相談をした場合でも、誠実に対応してくれると安心してポスティングを依頼できます。

優良業者を見極めるポイントは地域に関する質問、スタッフの管理体制と報告体制について聞いてみることです。地域に関して詳しく質問することで、地域情報をどれだけ知っているかを把握できるようになります。またスタッフの管理体制と報告体制について質問することで、配布状況を確認できるのです。

違法・迷惑・青少年に有害となるチラシの依頼はNG!

ポスティイングをする配布物によっては、受け取った方が迷惑となることがあります。それは違法や迷惑、青少年に対して悪影響となる内容です。たとえば法定外の金利でお金を貸しているヤミ金融のような広告などもそれに該当します。多重債務などが原因で一般的な金融機関からお金を借りられず、困っている方はこのような広告を見てお金を借りてしまうことがあるからです。しつこくポスティングをしてくるような場合も迷惑行為に該当するでしょう。

毎日もしくは一日おきなど集中して同じ内容の広告を受け取ると、受け取った側はその広告を出している企業に対して、悪い印象を抱くようになってしまいます。さらにはポスティング物が多すぎてしまうと、それだけで郵便物がいっぱいになってしまって、受け取った側は嫌な思いすることになるでしょう。青少年に対して有害となり得るアダルト関係の広告も、受け取る側にとっては迷惑となります。

このようなポスティングを続けていると、ポスティングを請け負っている業者が注意されることになります。契約時に広告物の内容についてもきちんと確認し、契約後も迷惑や違法となり得るような内容の広告を出さないようにすることが重要になります。

どうして?ポスティングで反響が出ない理由と対処法

ポスティングはどの家庭にも一律に情報が届く有効な広告手段です。ネット、電話、テレビなどは機器や環境がないこともあります。そのメディアに広告を打っても一定層には届かない事象が発生します。郵便受けに直接チラシを入れるポスティングであれば広告を受け取れないターゲットはほとんどいません。ただし宣伝したい会社が考えることはみな同じです。複数社が一度にポスティングを行ってしまうと郵便受けがチラシでいっぱいになりまとめて捨てられてしまいます。複数枚チラシが同時に入ることは仕方がありません。その中でも捨てられずに目を通してもらえるチラシを作りましょう。大抵見ずに捨てられてしまうチラシは読む人の目線に立っていないチラシです。自分がチラシをもらった時にどんな内容・書き方なら目を通すか考えてみましょう。細かい字が大量にあると疲れて読みません。破格の値段の割引が記載されていると騙されているかと疑いたくなります。その感覚がそのまま使えるのです。チラシを見た方々も同じことを思っているはずです。読まれない原因はまずそこにあります。少なくともそのような絶対に読まれない事象を解消した上でさらに内容やデザインに踏み込んでいきましょう。

【1】情報を多く掲載している

チラシを受け取った人に伝えたいことがたくさんあるとついつい情報を詰め込んでしまいます。これが多くの場合逆効果です。細かい文字がびっしり詰まったチラシを読んでくれる人は稀です。上の世代になると文字が小さいだけでも敬遠されてしまいます。誰に何を伝えたいか今一度整理しましょう。今回のセール情報に重きを置くならば次回予告はなくてもいいかもしれません。初回来店を促すのなら初回限定割引を前面に押し出すべきでしょう。もちろん来客数や売り上げをアップすることが目的ですがもう少し絞り込めるはずです。セールに来店してもらう、新規ユーザーを増やすなどターゲットやイベントを特定すると載せるべき情報も自ずと見えてきます。思い切ってなくてもいい情報を切ってしまうのも手です。顧客ターゲット次第ではきっかけをチラシで与え、詳細はwebでも構いません。全てを無理して載せようとせずにその情報は必要かをゆっくり吟味してみましょう。

【2】デザインが魅力的じゃない

チラシの印象を左右するデザインはポスティング広告にとって要とも言えます。通常ポストのチラシに気付いてから中を読んでみようと判断するまでに0.1~0.2秒のわずかな間しかないと言われています。その一瞬でチラシを読もうと思ってもらえるイメージを残すにはやはりデザインの力が大きいです。

白黒の紙に文字だけならんでいるとシンプルですがどこか寂しい気もします。白黒かカラーかなどの枠組みにとらわれずに宣伝したいもののイメージに合わせることが先決です。自分で準備しようと無理をせずにデザイナーさんを頼るのも一つの選択肢です。何パターンか案をもらい、自分の思っているものと照らし合わせるとイメージでしかない自分の頭の中を言葉で具現化することができます。

ただし凝りすぎてごちゃごちゃするとせっかくの情報が目立たなくなってしまうので肝心なのはバランスです。文字を引き立てながら文字に近いイメージを湧き立たせるデザインが魅力的であると言えます。

【3】必要な情報が載っていない

宣伝に少しでも興味を持ったりもう少し話を聞いてみたいと思ったりしたら自分はどうするでしょうか。電話・メールで問い合わせる、直接店舗に赴くなど様々な方法が考えられますがその行動に必要な情報がチラシに載せるべき内容です。必ずしもメールアドレスや電話番号をすべて網羅する必要はありませんが人によってメール環境、電話環境がない事も考慮しておきましょう。しっかりとした地図と経路を載せて、あえて直接訪問のみの情報提供にしても面白いです。

反対にせっかくチラシに興味を持ってもらえてもわざわざ連絡先を調べて連絡してもらえるケースはよほどのことがない限りありません。チラシに連絡先の記載がなければそこまでです。訪問したいと思っても地図がなければ場所を探すこともままなりません。店舗で提供するサービスを宣伝する場合は場所の情報も必須です。最低限載せるべき情報は他のチラシを参考にするとある程度わかります。後は自分の好みや事情に合わせて情報を足し引きするだけです。

知っておくと便利!ポスティング専門用語

どの業界にも独特な単語があるようにポスティングにも専門の用語があります。半分はそのままポスティングの方法やチームの組み方につながります。ポスティングを依頼する業者側が知っていて当然の体で話していることがあるので知っておくと話がスムーズになります。残り半分はポストの形体を現したりチラシの撒き方を示したりする言葉です。人に言われて意味が分かれば自分が無理して使う必要はありませんがどれもその状況を一言で表す便利な言葉になっています。覚えておいて損はないでしょう。聞きなれない言葉が多いですが難しい言葉はありません。意味に直結した言葉ばかりなので苦労して覚えなくても業務を行いながら慣れていけばそのうち自分でも使える言葉になります。さっぱりわけがわからないと言った事態が発生しないようにサラッと調べていくと不安が減ります。現地で分からない言葉が出てしまったらその言葉を使った人や同じチームの人にこっそり聞いてみましょう。そうやって少しずつ覚えていけば大丈夫です。

<セグメント配布>

セグメントとは分割したものの一部を指す言葉です。その言葉の通り、ポスティング対象の建物を種類で区別して該当した建物にのみ配布することをセグメント配布と言います。簡単なのは建物の形状で区別できるタイプです。マンションだけ、戸建てだけとなれば見ればわかります。それほど迷うこともないでしょう。少し難しくなるのがリストがある場合です。特定の条件に当てはまる人のリストをもらって配布する場合、その家を探さねばならない上に、あまりたくさん配り間違えるとクレームにつながります。慌てずに一つ一つ確実に見つけましょう。

<GISポスティング>

地理情報システム(Geographic Information System)と呼ばれるシステムがあり、国勢調査のデータをマップで表示することができます。国勢調査のデータは年代や性別の情報を持っています。これをもとにして特定の値をクリアしたエリアかつその属性に該当する人にのみ配布をします。セグメント配布に比べてより対象が絞り込まれた形になります。一見難しそうに聞こえますが結局リストか地図かの違いです。むしろ地図が見られる分リストよりも配りやすいかもしれません。全建物に配ればよいのではなく配る対象が決まっている点では他の方法と変わりません。

<単独配布>

自分の会社のチラシだけを単独で配布することを単独配布と言います。ポストの中でほかのチラシに紛れることがないため目にとめてもらえる確率が上がります。また会社のイメージを非常に大事にしている会社も単独配布を選ぶ傾向にあります。一緒に配布されたチラシのイメージを自社が受けないようにするためです。対の概念として併配があり、こちらは複数社のチラシを合わせて配布するスタイルです。他のチラシと一緒に配布する分、配布コストを下げることができます。併配は常にポスティングしてくれるスタッフを抱えているので比較的早く配布を完了してくれます。コストやイメージなどメリットが異なるのでチラシの性質に応じて配布方法を変えましょう。

<配布カバー率>

郵便受けがあるからと言って全ての建物に配布できるわけではありません。空き家となっており配布しても効果のないところ、チラシお断りのところなどは避けて配布をします。ターゲットとなる建物の戸数に対し、実際に人の住んでいる配布可能な建物の割合が配布カバー率です。一度誰かが迷惑な方法で配布を行ってしまうとそれ以降、配布を受け付けてくれなくなっていきます。カバー率の低い地域はそういったトラブルがあったところかもしれません。適切にポスティングを行う業者を選択することでチラシを受け取ってくれる建物を減らしてしまうことがなくなります。

TOPへ戻る