ポストに投函することによるメリット・デメリット

ポスティングはポストに投函して行う宣伝方法です。ポストに投函するという方法はメリットだけでなく、デメリットもあります。ポスティングを依頼しようと検討している企業や店舗は、前もって確認する必要があります。

ポスティングのメリット

目に触れる機会が多い

ほとんどの人が、ポストの中を確認するので、チラシを投函すれば必ず目にします。広告はまず相手に見てもらうことが重要なので、手にして読んでもらうという点では、高い宣伝方法といえます。また、新聞を購読していない人にも、宣伝することが可能です。

チラシ以外も投函できる

ポスティング業者によっては、チラシ以外を投函することが可能です。例えば、ポケットティッシュによる宣伝方法があります。ポケットティッシュはもらっても損することはなく、持っていれば便利なアイテムでしょう。

使用する度に目にしますから、相手に企業や店舗の名前を覚えてもらえるようにできるでしょう。他にも、化粧品などの試供品も投函できるので、その企業の商品の効果を知ってもらうことができます。

ポスティングのデメリット

投函するとクレームに繋がることも

中には、チラシお断りの記載があるポストに投函したり、投函している時を住人に見られたりして、クレームに繋がることがあります。これによって、謝罪を要求されるケースもあるため、依頼した企業や店舗のイメージダウンに繋がる恐れがあります。

上記のデメリットは、クレーム対応をしてくれる会社や、前にクレームがあった世帯を除いてポスティングしてくれる会社を選ぶようにしましょう。また、他にも、ポスティングのメリットとデメリットはあるので、それについても把握しておくことが重要です。

知っておきたいメリットとデメリットについて詳しく知る

他の宣伝方法とポスティングを比較

宣伝する方法は、ポスティング以外にも様々な方法があります。そのため、どの方法を選べば高い宣伝効果があるのか迷うはずです。ポスティング以外の宣伝方法について紹介しているので、それを見て比較してみてください。

フリーペーパー

フリーペーパーとは無料配布の新聞や雑誌などの情報誌のことです。この情報誌は人が多い場所で配布されているので、興味がある人は手に取って見てくれる可能性が高いです。ただし、配布時期が短かったり他の競合店舗などの情報も載っていたりするので、他の企業や店舗と比較される可能性があります。

インターネット広告

インターネット広告は、パソコンやスマートフォンを使用している人に宣伝できます。そのどちらも持っていない人に宣伝することはできませんが、広告を見て欲しい人の年齢や地域を設定できるので、効果的な宣伝が可能です。しかし、他にも多くの広告があるため、目立たずに見てもらえないことも多いです。

タウンプラス

郵便局のサービスのひとつがタウンプラスで、エリアを指定すると郵便物としてチラシを配布してもらえます。それだけでなく、性別や年齢、家族構成、住宅別世帯などから、データを絞り込んで配布できるので、自分で調査をする手間が省けるのです。そのため、チラシ1枚あたりの値段は約30円と、高くなっています。

様々な宣伝方法がありますので、ポスティングとの比較の際に参考にしてみてください。他にも、新聞の折込チラシによる宣伝方法もあります。こちらもポスティングと同じように、ポストに投函する方法の宣伝方法なので、どちらのほうが効果的なのか比較しましょう。

新聞折込と比べてについて詳しく知る

信頼できるポスティング業者の選び方

ポスティングで宣伝を検討している企業や店舗は、ポスティング業者に依頼しましょう。ただし、どの業者でもいいという訳ではありません。

安心して任せることができる業者でないと、クレームが起きたり、宣伝の効果がなかったりするのです。そのため、業者選びがポスティングを成功させるために欠かせないポイントです。ポスティング業者を選ぶためのポイントをいくつか紹介します。

スタッフ募集の内容を確認

ポスティング業者のホームページで、求人募集の内容を確認します。どの業者も、ポスティングを行うのは、ほとんどアルバイトの人達です。そのため、アルバイトへの待遇が良いか、気遣いができているかで仕事への誠意も変わってくるはずです。

あるポスティング業者では、配布する当日に電話で呼び出して、ちゃんとした指導も行わずに業務をさせた例があります。前もって指導するかどうかを、求人募集の内容を確認しておくことが重要です。

電話対応で判断する

ポスティングを依頼する際に、電話対応したスタッフの対応の仕方をチェックします。なぜなら、ポスティング業者は、業務の際にチラシを受け取る住人の人と対面することがあるからです。

その時の対応が良ければ、相手に不快感を与えずにクレームを防ぐことに繋がります。依頼した企業や店舗の評価を防ぐためにも、好印象を与えることができるスタッフがいる業者を選ぶ必要があるのです。

電話対応がしっかりしているスタッフならば、新人指導もしっかりと行っているはずです。ただし、電話対応が良くても、全員がちゃんと指導できる訳ではないので、あくまで判断材料のひとつとして選んでください。

大手企業との実績があるか確認する

依頼しようと考えているポスティング業者に、今までにどんな企業や店舗と取引したのか聞いてみてください。その際に、大手企業との取引をした実績があれば信頼できます。

その理由は、大手企業には販促や事業をサポートするための部署があるので、ポスティング業者を選ぶ際も厳しくチェックを行うのです。チェックを行い、信頼できると判断した業者なら問題ないはずです。

このようなポイントに注目して探せば、信頼できるポスティング業者を見つけることができます。ポスティングは自分達の見えないところで行われている業務ですから、身の覚えのないことでクレームがこないように気をつけてください。

効果の出るポスティング業者の選び方

反響の高いポスティングをするためには、経験がありノウハウも豊富なポスティング業者に依頼する必要がありますが、それだけではなく、スタッフの管理力やマーケティング力もある会社を選ぶことが重要です。
スタッフと配布状況をしっかりチェックする体制があり、ターゲットに合わせたポスティング計画をたてられるマーケティング力がある業者であれば確実に反響が出るでしょう。また、価格だけを見て安いからと依頼せず、なぜ安いのかを確認してから頼むようにしましょう。

一目で分かる効果の出るポスティング業者比較一覧

ポスティングサービスを依頼するときには複数の業者を比較すると思いますが、最近は新聞購読者の減少に合わせるように、ポスティング業者の数がどんどん増えています。中には優良とはいえない業者もいるので、依頼する場合には十分注意する必要があります。

こちらでは、東京でポスティングサービスを提供している“評判のポスティング会社”15社を紹介します。1枚あたりの価格、配布報告の有無、配布開始日、配布チェックの有無(GPS有無)、信頼度の高さなどポスティングの効果ついて比較しました。信頼度については自社のスタッフを配布員にしているかで評価しましたので、東京で反響率の高いポスティング業者を探している方は参考にしてください。

  リアルメディア
ジャパン
リアルメディアジャパンのHPキャプチャ 公式HPへ
トーカン
エクスプレス
トーカンエクスプレスのHPキャプチャ 公式HPへ
アドネットアドネットのHPキャプチャ 公式HPへ ポステップポステップのHPキャプチャ 公式HPへ フット
ワークス
フットワークスのHPキャプチャ 公式HPへ
1枚あたりの価格 2.8円~ 5.0円~ 5.4円~ 4.3円~ 4.7円~
配布報告 翌日 翌日 月曜日 記載なし 翌日
配布開始日 納品翌日 3日後 納品3~5日後 納品翌日 1週間後
配布
チェック
GPS追跡 GPS追跡 GPS追跡 リーダーによる
チェック
GPS追跡
信頼度の
高さ
○自社配布スタッフで対応 △ △ △ ○自社配布スタッフで対応

方法次第で売上が右肩上がりに!ポスティング
反響率アップのコツ

ポスティングの反響率をアップさせるにはコツが必要!!
ポスティングの反響率を上げるために、まず売上をどうやってアップさせるのか目標を明確にし、具体的な目標を設定します。
次にターゲットやポスティングする地域、反響率、効果的に配布できる曜日、今回配布したチラシの改善点などのデータについて分析し、そのデータを次のポスティングにいかします。
何のチラシでどんな有益情報が書かれているのかすぐわかるようなチラシは反響が高く、最初に目にした時に何が書かれているのかわからないようなチラシはすぐに捨てられてしまうことが多いのでターゲットに見てもらえるような工夫も必要です。
目的を明確にする

1.目的を明確にする

ポスティング反響率を上げて効果を十分に得るには色々な工夫やコツが必要になります。印象的で目に留まるようなデザインであることも重要ですが、他にも目的と目標を設定することが反響率アップにつながります。
売上アップを目的にチラシのポスティングをすることが多いですが、やみくもに配布せず、新規顧客を開拓したい、リピーターを増やしたいなど、どうやって売上を上げるかについて明確にする必要があります。
データを駆使する

2.データを駆使する

ポスティングで反響率を上げて結果を出すには6つのポイントがあります。
ターゲットを明確にして配布すること、ターゲットが興味を持つ情報を知ること、ポスティングエリアの世帯などにについて知ること、どのエリアの反響が良かったのか反響率を分析すること、効果的な配布ができる曜日を知ること、配布効果を確認して次のポスティング効果を上げられるような改善点を見つけることの6つ。詳しく6つのポイントを見てみましょう。
目に留まる工夫をする

3.目に留まる工夫をする

チラシが目に留まるような工夫をすることで反響率は上がります。投函されたチラシは何のチラシで、どんな有益情報が載っているのかすぐわかることがとても重要。一瞬で情報がわからないチラシはすぐに捨てられてしまいます。
また、ターゲットの好奇心を刺激するようなチラシであれば必ず見てもらえます。心が動かされるキャッチコピーを記載したり、紙の大きさ、形、厚さ、質などを個性的なものにして一緒にポストに投函されている他のチラシと差別化を図ることで注目度がアップします。
こまめに改善する

4.こまめに改善する

ポスティングの改善を何度も繰り返すことで反響率が上がっていきますが、ただ同じことを繰り返すのではなくこまめにチェックして改善点をみつけ、次のポスティングに反映しましょう。チラシの内容、配布する地域、配布する曜日などについての効果を検証し、次回のポスティングにつなげていくことで更に反響率を上げることができるのです。
ポスティング改善のためには配布したチラシにどんな反響があったのか効果測定をしなければならないので、チラシ配りのたびに反響について記録しておきましょう。

依頼する前に知っておきたいポスティングの基礎知識

依頼する前に知っておきたいチラシや冊子、カタログ、試供品などの販促物を住宅や事業所のポストへ人間が直接投函するポスティングには「相手に直接宣伝できる」、「確実に反響が得られる」といった効果があります。ほとんどの業者がポスティング費用について枚数単価で算出していますが、料金相場は配布方法と地域によって異なることも。

料金相場、ポスティング依頼の流れ、配布方法、デザイン、格安に済ませるコツ、新聞折込との比較、ポスティングに関するQ&A、ポスティングのメリットとデメリットについて説明しています。

口コミで見るポスティングの効果

実際にポスティングによる効果があるのか、気になる人も多いはずです。本当に集客に繋がるのか、宣伝効果があるのか、疑問に思うでしょう。ここでは、ポスティングを依頼したことで、効果があった企業や店舗の口コミを掲載しています。

実際に依頼した人達の口コミ

ポスティングのおかげで店を知ってもらった(セレクトショップ/女性)

それなりに人通りのあるところにお店はありますが、2階にあるので気づかない人が多いです。2階なので目立つ看板も用意できないので、ポスティング業者に依頼して、チラシを配布してもらいました。それから何週間後に、配布したチラシを持ってお店を訪れる人が増えだしました!訪れたお客様からは、「こんないいお店なのに気がつかなかった!」といわれて嬉しかったです。

新規のお客さん50名も獲得できました!(美容室/男性)

前にクーポンのついたフリーペーパーで宣伝しましたが、宣伝効果が低くお客さんは増えませんでした。他の方法を探そうと思い、ポスティングで行おうと考えたんです。それで依頼したポスティング業者は、配布するエリアを細分化して、20代・30代の女性にターゲットを絞り込みました。そのおかげで、徐々にお客さんが入ってきて、50名もの新規のお客さんが入ったんです!クーポンの時よりも安い費用だったので、とても満足しています。

ポスティングのおかげでスタッフが増えました!(飲食店/男性)

今在籍しているメンバーの多くが退職するので、急遽新しい人員を増やすために募集をかけました。できるだけ近場に住んでいる人を採用したかったので、ポスティングで求人募集を行いました。そのおかげで、近辺に住んでいる4名の募集があり、全員採用しました!ポスティングなら地域を限定できるので、求人誌での募集よりも安く済みました。

口コミを見てみると、実際にポスティングで集客や求人募集に成功した人がいます。他の成功事例を見て、ポスティングを行うかどうか決めましょう。

業界別効果の出るポスティング
成功事例

ポスティングの効果を
最大限に得られる業界とは?
ターゲットを絞り込んでチラシ配布ができ、反響率も高いポスティングですが、どんな業種にでも効果があるわけではなく、ポスティング向きでない業種もあります。
ポスティングは狭いエリアに対し集中的に販促物を配布するので、広い地域からの集客が必要な大型商業施設や商品が大きい家具店、特定の人にだけ価値のあるマニア向けの店ではポスティング効果はあまり得られないでしょう。
ポスティングに向いている業種のポスティング成功事例を紹介します。

不動産

高額所得者層をターゲットにして、リゾート物件の販売を促進したなど、不動産業界のポスティング効果事例を見てみましょう。 効果事例を見る

飲食

地域に密着した飲食店だからこそ、エリアマーケティングのできるポスティングは効果抜群。チラシ配布の効果事例を詳しく見てみましょう。 効果事例を見る

美容

クーポン付きのチラシ配布で新規顧客を獲得し、リピーターに育てるという美容業界の戦略とポスティングはマッチします。各業種の効果事例を見てみましょう。効果事例を見る

塾・習い事

ターゲットが限られる業界だけに、最適な配布エリアを選べれば、ポスティング効果は抜群。効果事例を詳しく見てみましょう。効果事例を見る

生活・サービス

新聞購読率の下がっている昨今、ポスティングはこの業界の新たな販促手法となり得ます。実際に効果事例を見てみましょう。効果事例を見る

健康

気に入れば、リピーターとなってくれる確率の高い業界。まずは新規顧客を獲得するために、ポスティングを使ってみては?効果事例を見る

選挙

分かりやすいチラシを作ることに長けたポスティングであれば、支持者層の拡大にもつながります。選挙でポスティングを使った効果事例を見てみましょう。効果事例を見る

ポスティングとビラ配りの効果の違いとは?

ポスティングとは、家や事業所のポストにチラシを配ることをいいます。ポスティングの効果は、ポストにチラシを入れておけば、1度はチラシを目にしてもらう可能性が高いことがあげられます。

そのため、チラシに工夫をして目立つようにした場合には、より効果が大きくなる可能性があるのです。また、チラシだけでなくサンプルなどの商品を試してみてもらえるものをポストに入れることができますので、さらに効果が上がる可能性があります。

一方、ビラ配りとは、街などの外で、直接人にチラシを配ることをいいます。ビラ配りの効果は、直接人に渡せるため見てもらえることが多いことがあげられます。

他にも、ただチラシを渡すだけでなく、声をかけるなどの工夫をすることでより効果をあげることができます。また、女性向け商品の

チラシであった場合、女性だけに配るなど、ターゲットになる人だけに配ることができるので、効率的に効果をあげることができるのです。

ポスティングに適した曜日や時間

ポスティングは、いつ行えば効果がいちばんあがりやすいのでしょうか。ポスティングに適した時間帯や曜日は、目的によっても違いますし、業種によっても違ってきます。

例えば、頻繁にポストに入っている不動産のチラシは、大きな買い物のため、家族全員が帰ってくる夕方前に入れておくと効果的です。平日の昼間は奥様しか在宅していない家庭に、昼間にチラシを入れておいても、ご主人までチラシが到達する可能性は少なくなります。

また、ファミリーレストランなどの家族向けの飲食店は、土曜日や日曜日に家族で来てもらうことが目的のため、ゆっくりと目を通してもらえる土曜日の朝の前までには、ポスティングをしておくことが必要です。他にもスーパーのチラシは、特売日に特売品を目当てに来店してもらうことが目的のため、特売品の2,3日前から前日までの間にポスティングしておくことが大切なのです。

このように、ポスティングで効果が上がる曜日や日は、目的や業種によって全く違うのです。

ターゲットとするユーザー層の特徴

多くの枚数のチラシを、まったく戦略もなく配っているだけでは、ポスティングの効果はあがりません。現実的には予算もありますので、ポスティングは、ターゲットを絞って最大の効果が得られるように行うのが良いでしょう。

例えば、住宅リフォームのチラシなら、アパートや賃貸マンションにポスティングをしてもまったく意味がありません。そのため、一戸建て住宅や分譲マンションなどに絞って、ポスティングを行うと良いでしょう。

一方で、住宅購入のためのチラシであれば、住宅購入のニーズがある賃貸住宅に配ると効果があるかもしれません。また、インターネット回線などの通信回線のチラシは、集合住宅にターゲットを絞ることができますので、集合住宅にポスティングをすると効果があるでしょう。

他にも、飲食宅配やリサイクルやスポーツジムなどのチラシのターゲットは、賃貸か分譲マンション、一戸建てなのかでは絞ることができないため、すべてがターゲットになります。

ポスティングに向いていない地域とは?

ポスティングで大切なことは、多くの人に商品や店などを知ってもらい、足を運んでもらうことや商品を購入してもらうことです。そのため、効率的にできる地域を中心にポスティングを行っていけば、効果が高くなります。

それでは、ポスティングに向いていない地域とは、どのような地域なのでしょうか。まずは、ポスティングをすること自体が難しい地域です。

一戸建てが多く、さらに家と家の間が離れている地域などでは、ポスティングを効率的にできません。そのため、多くの人にチラシを見てもらうためには、多大な時間を要してしまいます。

次に、多くの人にチラシを見てもらうことが難しい地域です。街自体に家が少なく、人も少ないためにチラシを配っても多くの人には見てもらうことができないのです。

他にも、足を運んでもらうことが難しい地域などがあります。この場合は、店舗近辺にポスティングをする家や事業所などが少ないため、ある程度遠くの地域にポスティングをしなければなりません。そのため、店舗まで遠いので足を運ぶのが難しくなるのです。

自社でポスティングをすると効率が悪い理由

ポスティングを行うことを決めた場合、業者に頼むと費用がかかるため、自社で行えばいいと考える会社も数多くあるでしょう。しかし、ポスティングがわかっていない会社などが行うと、かえって効率が悪くなり、効果があがらない可能性が高くなります。

そのため、プロである業者に頼んでポスティングを行うことをお勧めします。自社でポスティングを行うと効率が悪くなる理由は、まず、チラシは、プロがデザインをする方が圧倒的に効果があがるからです。

ポスティング業者の中には、チラシのデザインから頼めるところもありますので、費用と相談してできるなら利用した方がよいでしょう。次に、ポスティングに適したルートを選ぶことが、難しいことがあげられます。

効率的にたくさんのチラシを配るためには、ルート選びが大切になります。自社で行うと効率が悪くなり、なかなか配ることができなくなります。

他にも、ターゲットの選定が難しいことがあげられます。ポスティングの目的がそもそもチラシを見た人に商品を購入してもらうことなので、ターゲットにならない人に配ってもなかなか購入してもらえません。

そのため、ターゲットをきちんと選定して、ポスティングをする住宅が、ターゲットになる人が多く住んでいるかを見分けるには、自社でのポスティングでは難しいからです。

継続してポスティングを行うには信頼できる業者の力が必要

ポスティングは割りと手軽にできるため、導入をする会社なども多くありますが、やってはみたけれど成果がでなかったから辞めたという会社も多くあります。なぜ成果がでなくて辞めてしまうのでしょうか。

成果がでない理由は、いろいろありますが、業者選びを間違えたという理由もあるのです。ポスティングで成果をあげるためには、自社だけで行うには経験や人手が足りないため無理があります。

そのため、ポスティング業者に頼むことが必須になります。ポスティング業者には、相場の半額やキャンペーンなど安価で請け負う業者もありますが、ポスティング自体1枚配る単価が低いため、安すぎると利益がまったくでなくなります。

そのため、安すぎるところは、成果がでないところが多いでしょう。ポスティングは、継続すればするほど効果がでるといわれていますので、継続して行っていくためには、最初からある程度成果をだせるような信頼できる業者を見つけることが大切なのです。

ポスティングの効果を高めるには「面白さ」を取り入れよう

ポスティングの目的は、チラシを見た人が店舗に訪れたり、商品を購入したりしてくれることです。そのため、チラシを見てもらう必要があります。

しかし、実際のポスティングにおけるチラシの反響率は、0.3%から0.5%といわれています。ポスティングで効果を上げるためには、反響率を上げる必要があります。

それでは、どのようにすれば反響率が上がっていくのでしょうか。それには、チラシを見てもらう必要があるのです。

チラシを見てもらうためには、印象が少ない単調なデザインのものは避けた方が良いでしょう。いちばん大切なことは、一瞬で目に飛び込む情報が存在していることです。

すなわち、個性的で目に引くチラシが良いでしょう。そのため、「面白さ」をチラシに取り入れるのもいいかもしれません。例えば、販売商品の形をそのままデザインした「型抜き」と呼ばれた技術を使ったチラシや、売りたい商品にキャッチコピーをつけてのせているチラシや、店のニュースなどを面白おかしくのせているチラシなどがあります。

このように、ポスティングで配るチラシを面白くすることによって、ターゲットの興味を持たせる効果があります。そして、ポスティングの効果も自然と上がっていくのです。

TOPへ戻る