選挙

政策チラシ、リーフレットなど選挙活動の際のポスティング成功事例について紹介します。

選挙活動の際のポスティング成功事例

政策チラシとリーフレット

政策チラシとリーフレットは政治活動において必須のツールです。

政策チラシ

現職の議員は通例として政策報告を配布し、新人議員は政策チラシなどを制作して配布することが多いです。

現職議員の場合、議会活動報告などをわかりやすくイラスト化したチラシを配布することで、政治にあまり興味のない層へアプローチでき、新人議員は人柄のわかるチラシや政策ビラで知名度を上げることができます。

また、選挙区を可視化分析することによって配布先選定、効果的な内容を作成することで反響率の高い効果的なポスティングをすることができます。

リーフレット

リーフレットは地方議員の多くが政治活動における活動ツールとして利用するもので、自分の政策やプロフィールなどをまとめたリーフレットを名刺代わりに持ち歩きます。リーフレットに後援会入会はがきを付属することで、固定票獲得につなげることができます。

政治活動報告にポスティングを利用

選挙時だけでなく、随時議会報告や近況について有権者や自治体に伝えたい場合、自分で配布したのでは数に限りがあるのでポスティング業者に依頼。効果的な配布を行ったところ、チラシを見た人からの反響が高く、定期的にポスティングするようになった…というケースがありますが、選挙後の活動報告としてポスティングを行っている政治家は多いです。

選挙活動のポスティングは違法行為じゃないの?

選挙に立候補する人、秘書、スタッフが、チラシやビラを選挙区内の家にポスティングする行為は公職選挙法違反ではないのか疑問に思っている方もいるようですが、これは違法行為ではありません。

ただし、配布するためにマンションに立ち入ったりすると住居侵入罪となります。実際、共産党員がマンションに不法侵入してビラを投函し有罪判決になったという事例もあります。

総評

政策などについてわかりやすいチラシを作成してポスティングすることで、政治から遠い人にも効果的なアピールができ支持者を増やすことが期待できるため、将来的にポスティングを利用する政治家は増えて行くでしょう。

TOPへ戻る