マーケティング力で選ぶ

ポスティング代行業者を選ぶポイントの1つである、マーケティング力について解説します。

効率良くポスティングできるマーケティング力のある代行業者を選ぶ

ポスティングは人の力で直接一戸一戸にチラシやビラ、試供品の配布をする宣伝方法です。新聞の折込チラシとは違い、むやみやたらにチラシ配布を行えばいいというものではなく、ターゲットを絞って配布することで、より効果を上げることができます。

そのため、「ターゲットにあった効率の良いチラシ配布ができるかどうか」というマーケティング力が、ポスティング代行業者に委託する上での重要なポイントになります。

関東と関西で好みや消費の傾向は違いますし、同じ町内でもエリアによって傾向や好みは違ってくるので、一般的なマーケティング手法では、効率良くポスティングすることが難しいのです。

最近ではGISシステムを利用し、エリアマーケティングを行って反響を高めるポスティング代行業者が増えてきています。GISポスティングは代行業者選びの必須項目といえるでしょう。

また、地域にはデータだけではわからない色々な特徴があるので、そのようなところも十分にマーケティングし、データを利用している代行業者であるということも重要です。

反響効果が高くなるGISポスティング

これまでのポスティングは店から半径〇〇キロ以内のエリアや過去に反響のあったエリアに配布していましたが、最近ではGISシステムを利用し、エリアマーケティングを行って反響率を高める「GISポスティング」を行う代行業者が増えています。

GIS(Geographic Information System)とは地理情報システムのことで、国勢調査等を基に都道府県、市区町村、町丁目毎に年齢層別、世帯数、男女、世帯構成、建物構造、持ち家、借家、事業所、年収等、色々なデータを引き出すことができます。

GISシステムを利用し、エリアマーケティングをすることで男女比率や年代別などの要望を町丁目単位で割り出してチラシやビラの配布エリアを選定したり、商圏内の分析を行うことができます

GISポスティングは、ターゲットに合わせたポスティング計画をたてることができるので、無駄にチラシやビラを配布することもなく、予定コスト内で確実にターゲットにアピールでき、反響効果もたいへん高くなります。

TOPへ戻る