ポスティング業者ナビ|効果と評判で業者選び » ポスティング広告の基礎知識 » ポスティングとビラ配りの広告手法違いと効果について

ポスティングとビラ配りの広告手法違いと効果について

広告手法には今や色々な方法がありますが、ポスティングはその中でも手軽に行うことができるので、導入している業種もたくさんあると思います。

ポスティングはビラ配りと比べられることが多い広告手法ですが、実際にはどのように違うのでしょうか? 

今回は、「ポスティング」と「ビラ配り」の広告手法の違いや効果について、ご紹介して行きたいと思います。

ビラ配りの効果について

ビラ配り

ビラ配りの方が、広告効果が高いと言われることがありますが、それはどうしてでしょうか?

ビラ配りはポスティングのようにポストに配るのとは違い、人に対して直接チラシを配ります。そのため、人を直接見てチラシを配ることができます。

つまり、広告主(ビラを配る人)がターゲットを絞って配ることで、効率よく狙ったユーザーに広告することができます。

例えば「女性」「サラリーマン」「学生」など目で見て確認することで、ターゲットが絞りやすい範囲の場合は、狙ったターゲットに直接チラシを配布することができます。

さらに配る地域も限局的にできますので、「駅前のサラリーマン」とか、「丸の内の若いOLさん」など、対象を細かく絞れるのはメリットだと言えます。

ほかにも、配り方にもよるのですが、チラシを受け取ったユーザーに対して直接売り込みの宣伝を行うこともできます。「商品の良さ」「質問の内容に答える」「サービスの細かな説明」など、広告を行うと同時にさらに売り込みができるところもメリットが高いと言えます。

しかし、メリットがある分デメリットもあります。

それは、チラシを受け取ってくれる率が低いというところです。

経験がある方もいると思いますが、場所によってチラシがたくさん配布されている場所があります。それを全てもらってくれる人などあまりいません。

そもそも内容も確認せずに「受け取らない」という選択をする人もいます。なので、配布率に関しては低くなりがちです。

ポスティングの効果について

ポスティングは直接人にチラシを配るのではなく、世帯のポストに直接投函する方法です。

なので、一見チラシを配るという意味では「ビラ配り」と似ていますが、メリットやデメリットは変わってきます。

ポスティングは新聞折込みなどとは違って、新聞を読んでいない人にもチラシを配ることができます。

昨今は新聞自体を読んでいない人が多いので、幅広い年齢層の人に届けられるのはポスティングの強みだと思います。

また、ビラ配りに比べるとかなりの数のチラシを配ることができますので、できるだけ多くのチラシを配りたい場合はポスティングがおすすめです。

しかし、人の顔を見てチラシを配ることができないので、狙うターゲットはビラ配りに比べると絞りにくくなります。

それぞれの違いとオススメ

ポスト

それぞれの効果については先に話した通りです。大きな違いは「人にチラシを配る」という点と「家にチラシを配る」という点です。

ビラ配りは人に対して配るので、ひとつひとつの広告の効果が出やすいという話は先ほどしました。

特に自分で配る場合は、自社の商品やサービスの説明がその場で行える場合もあるため、ポスティングより広告効果が大きいです。

ただし、配れる範囲、配れる量に限りがあります。そのため、大多数に向けて広く宣伝を行いたい場合は、ポスティングの方が有利になると言えます。

ビラ配りの場合は、人がいないと宣伝きません。人通りが多い時間帯、人通りが多い場所など限局的になりがちです。

それに比べると時間を選ばないポスティングは、チラシの配布率でメリットが高いです。

こうした面を考えると、ビラ配りの場合は、飲食やサービス業など対面で行う接客が見えている業種にお勧めできます。

チラシを手で配り、さらにそこから勧誘や店舗への案内が行えるためメリットも高いです。また、性別や年代などを特定して広告を配りたい場合に、おすすめです。

逆にポスティングは、腰を据えて接客が必要な不動産関連などの業種が向いていると思います。

不動産などは特に「新しいマンションOPEN」や「空き物件情報」など、特定の地域の人に有益な情報をまとめて、チラシを配布することができる方が効率的です。

新しいお店の開店情報なども、その近くの地域に住んでいる人に多く配布できるポスティングでの宣伝の方が効果が高いと言えます。

まとめ

・ビラ配りは人を相手に広告を配り、ポスティングは家を相手に広告を配ります。

・ビラ配りは一人一人の広告効果は高いと言えますが、配布率はあまり高くありません。

・ポスティングはビラ配りに比べると広告効果は低いですが、大多数の人に配布することができます。

・ビラ配りは対人の接客や飲食店のPRなどに向いていて、ポスティングは新規OPENの情報や不動産関連の広告が向いています。

「ポスティング」と「ビラ配り」は似ているようで、効果やメリット、デメリットに違いがあることがお分かりいただけたかと思います。

それぞれの特徴を理解して、業種やビジネスプランにあった広告手法を選択することで、大きな効果を得られることができるでしょう。

TOPへ戻る