格安に済ませるコツ

効果的で反響のあるポスティングをしたいのはもちろんだけど、できれば費用は安いに越したことはないと思っている方は多いと思います。費用は格安でかつ反響が出る費用対効果の高いポスティングを実施するコツとは?

長い期間配布する

配布する期間を長くすれば、移動型や固定型の業者でも同時配布することができるので、チラシ単価を下げることができます。

配布エリアを考える

商圏を広くとれるのであれば、町丁の指定をせずにポスティングすることで同時配布が可能となり、費用を抑えることができます。

まとめて発注する

1ヶ月1回、2万部発注し、4ヶ月間で8万部配布する計画だとすると、発注を4回に分けずまとめて8万部で発注することでチラシ単価を下げることができます。

配布方法をターゲットに合わせる

住宅リフォーム会社のポスティングの場合、ターゲットは分譲マンションか持ち家に住む人なので、賃貸の家に配布しても反響はないのが当然です。分譲マンションと一戸建ての家だけに投函すれば費用対効果を高める事ができます。これに配布期間と配布エリア条件を加えれば更に安い費用でポスティングが行えます。

顧客属性に合わせてポスティングする

配布方法をターゲットに合わせ、さらにそのサービスや物を提供したい人が住んでいるようなエリアを選びます。 スーパーやコンビニのような地域密着の店の場合は店の周囲1kmくらいまでにポスティングすると効果的です。

高額商品など限定された人がターゲットの場合、建物構造、持ち家、借家、男女別、年収、事業所別等、色々な単位でデータを引き出して配布できるGISポスティング(GIS:Geographic Information System 地理情報システム)がおすすめです。

人口、男女別、建物構造、建て方、持ち家、借家、年収、事業所別等、国勢調査に基づいて様々な単位でデータを引き出せるので、顧客属性に合わせた効果的なポスティングが可能です。ただ、あまり細かく選別すると割高になるので費用対効果を良く考えて行うようにしましょう。

TOPへ戻る