ポスティング業者ナビ|効果と評判で業者選び » 反響率アップ!効果的なポスティングのコツ|ポスティング成功マニュアル

反響率アップ!効果的なポスティングのコツ|ポスティング成功マニュアル

目的を明確にする、データを駆使する、目に留まる工夫をする、こまめに改善するなどポスティングの反響率をアップさせるコツについて解説しています。

1.目的を明確にする

反響率を上げる効果的なポスティングを行うには、まず第一に目的と目標を設定する必要があります。

売上を上げる目的でポスティングを行う場合が多いですが、チラシを作ってやみくもに配布しても売上はアップしません。まず売上をどうやってアップさせるのかについて考えましょう。

目標を設定するのは難しいのですが、最初は一般的な反響率を参考にしてみるとよいでしょう。

1.目的を明確にするについて詳しく知る

2.データを駆使する

ポスティングを実施して反響率を上げて結果を出すには、データを駆使して合理的にポスティングを進める必要があります。

ターゲット、ポスティングエリア、反響率、効果的な配布ができる曜日、改善点などのデータについて把握し、そのデータを駆使することがポイントになります。

2.データを駆使するについて詳しく知る

3.目に留まる工夫をする

集客できるポスティングチラシは、何のためのチラシで、どんな有益情報が載っているのか、すぐわかるようなチラシです。見たときに情報がわからないチラシは、すぐに捨てられてしまう可能性が高いです。

捨てられないためにもチラシに工夫を凝らしましょう。ユーザーの目に留まりやすいチラシの作り方やコツなど、チラシデザインに関する情報をまとめました。

3.目に留まる工夫をするについて詳しく知る

4.こまめに改善する

ポスティングは何度も改善を繰り返すことで、だんだん反響率が上がっていきますが、同じことを繰り返していただけでは効果がありません。

必ず、1回1回効果測定を行いましょう。ただ、どのように効果測定をすればいいのかはとても難しいところ。

ここでは、基本的な効果測定項目をまとめてみました。ポスティングを行った事のある方は、ぜひ参考にしてください。

4.こまめに改善するについて詳しく知る

5.業種によってアプローチを変える

ポスティング公告をデザインするには、優れたデザインがあればいいというわけではありません。

スーパーや飲食店、不動産やエステサロンにしても、一定の公告では「どこに行っても同じだ」と顧客に思われてしまう恐れがあります。そのため、業種に合わせた客層のイメージと、その客層に合わせてアプローチをしていくことがより集客効果が高いチラシを制作するためのコツとなります。

5.どういったアプローチをしていけばいいのかを詳しく知る

6.消費者心理を理解

AIDMA(アイドマ)とは、Attention(注意)、Interest(関心)、Desire(欲求)、Memory(記憶)、Action(行動)の頭文字をとって作られたマーケティング用語です。消費者の行動プロセスを表し、ポスティングチラシに応用することで効果的なチラシを作ることができます。同じような商品やサービスでも、行動プロセスが異なれば売上も変わってくるのです。AIDMAの法則をうまく利用してポスティング効果を高めましょう。

6.消費者心理の理解について詳しく知る

7.[必見]こんなポスティングは必ず失敗する!

ポスティングチラシはただ配布すればよいというものではありません。効果のないやり方では反響率が下がるばかりか、クレームにつながることもあります。「チラシお断り」のポストに投函したり、立ち入り禁止の敷地内に入ったりすることはクレーム防止もためにも避けるべきです。また、ポスティングの時期や時間帯を選び、効率的に集客に結び付けることも大切です。ポスティングにも誠実さが求められます。住民に良い印象を持ってもらえるよう心がけましょう。

7.こんなポスティングは必ず失敗する!を詳しく知る

ポスティングの効果を詳しく知る

TOPへ戻る