ポスティング業者ナビ|効果と評判で業者選び » 反響率アップ!効果的なポスティングのコツ|ポスティング成功マニュアル » AIDMAを使ったポスティングの方法|反響率をアップ!効果的なポスティングのコツ

AIDMAを使ったポスティングの方法|反響率をアップ!効果的なポスティングのコツ

AIDMAとは

ポスティングは商品の認知度を高めるために有効な手段と考えられています。アメリカのサミュエル・ローランド・ホール氏は著書「小売における宣伝と販売」の中で、消費者が商品を購入するまでの行動プロセスをAIDMA(アイドマ)という略語で説明しました。ポスティングを「AIDMAの法則」に当てはめて考えると、その重要性が見えてきます。ポスティングはマーケティングの中で最初の段階である「A(Attention)」、商品を認知してもらう段階なのです。

AIDMAの基礎知識

「AIDMAの法則」はマーケティングのフレームワークとして日本でも浸透しています。消費者の行動プロセスはAIDMA、すなわちAttention(注意)、Interest(関心)、Desire(欲求)、Memory(記憶)、Action(行動)の5段階に分けられるというものです。この法則は商品の認知から購入に至るまでのプロセスとして、マーケティング手法を決めたり広告の効果を測定したりするのに用いられます。消費者の心理をAIDMAの法則に当てはめることで、次のマーケティングの一手を打ち出すことができるのです。

  • Attention(注意)の段階では、消費者は商品について何も知らない状態です。そのため、この段階では商品を知ってもらうためのアプローチが必要となります。
  • Interest(関心)の段階においては、消費者は商品を知っていても興味を示していません。この段階では消費者に興味を持ってもらうアプローチをします。
  • Desire(欲求)の段階では、消費者は商品に興味は持っているものの、まだ購入したいとまでは思っていません。ここで、「ほしい!」と思わせるアプローチが必要となります。
  • Memory(記憶)の段階では、一度はほしいと思っても記憶に定着していません。消費者の記憶に残すための再アプローチが必要です。
  • Action(行動)の段階では消費者は購入したいと思っている状態ですが、まだ購入に至っていません。店舗や購入方法を明示して購入の機会を与えることで行動を起こしてもらいます。

このように「AIDMAの法則」に従って消費者の行動を追っていくと、売り手が次に何をすればいいのかが見えてきます。ポスティングチラシにおいてもこの法則は当てはまります。まずは消費者に商品を認知してもらうAttention(注意)、興味をもってもらうInterest(興味)、ほしいと思ってもらうDesire(欲求)、記憶に残すMemory(記憶)、購入できる場所や方法を示すAction(行動)という流れを意識することで、チラシの効果が期待できるのです。

AIDAMAを使った効率が上がるポスティング

広告業界ではAIDMAを意識したアプローチをすることも少なくありません。もちろんポスティングチラシに応用することも可能です。ここでは、実際に「AIDMAの法則」をチラシ作りに活かすことで、ポスティングの効果を出す方法をご紹介しましょう。

Attention(注目)

お店や商品のことを知ってもらうために店名や商品、サービス内容などの情報を記載します。ポスティングチラシは競合他社のチラシと一緒に見られることが多いものです。そのため、この段階では他社に負けないような注目される仕掛けが必要になります。インパクトのある写真やキャッチコピーを使って注目してもらえる工夫をしましょう。

Interest(関心)

ここでは、商品説明や商品の写真で消費者の関心を引くような内容を盛り込みます。商品を購入すると消費者にどんなメリットがあるか説明したり、具体的な効果を示したりすることで関心を持ってもらいましょう。

Desire(欲求)

消費者に「ほしい」と思ってもらうには動機付けが必要です。体験者の口コミや期間限定の割引などで、購入につながるきっかけをつくりましょう。

Memory(記憶)

せっかくほしいと思ってもらっても、記憶に残らなければ購入には至りません。ここで大切なことは繰り返すことです。消費者が忘れてしまった頃に再度ポスティングをすることで、記憶に定着させることができます。

Action(行動)

最後にチラシの目的をはっきと記載します。来店してもらいたいのか、サンプル請求してほしいのか、売り手の目的を示して消費者が行動しやすいように促しましょう。例えば、サンプル請求してほしいなら請求方法をわかりやすく明記。ホームページを見てほしければ、アクセスしやすいようキーワードを記載しておきます。

ポスティングは「AIDMAの法則」に当てはめて行うことで、チラシの効果を発揮することができます。チラシの作り方や配布先、配布回数などもこの法則に従って決めると効果的です。

ポスティングの効果を上げるその他の方法を見る>>

TOPへ戻る