ポスティング業者ナビ|効果と評判で業者選び » 反響率アップ!効果的なポスティングのコツ|ポスティング成功マニュアル » [必見]こんなポスティングは必ず失敗する! |反響率アップ!効果的なポスティング

[必見]こんなポスティングは必ず失敗する! |反響率アップ!効果的なポスティング

失敗するポスティングの方法

ポスティングチラシを配るには時間もお金もかかります。そのため、できるだけ効果的に集客したいものです。とはいえ、ポスティングにもルールがあります。ルールを無視してやみくもに配布すると、後で思わぬクレームや失敗につながることもあるのです。まれにポスティング業者が呼び出されて、土下座や物品を要求されるといった事態になることも…。さらに最悪のケースでは、裁判所に訴えられた事例もあります。違法行為はもちろんのこと、お客さんのクレームにつながるようなことは絶対に避けなければいけません。失敗しないようポスティングの適切なやり方を再確認しましょう。

失敗するポスティングとは

ポスティングがクレームにつながらないようにするには?

時には住民からのクレームにつながることもあるポスティング。しかし、ポスティングのしかたによってはクレームを最小限に抑えることも可能です。場合によってはお店のイメージに悪影響を与えかねないこともあるので、ポスティングの際には十分注意しましょう。以下にポスティングでやってはいけないことをまとめました。

1.「チラシ不要」と書かれたポストには投函しない

「チラシ不要」「チラシお断り」などと表示されているポストに投函するのはトラブルのもとです。配布枚数は減ってしまいますが、後にクレームにつながる恐れもあるので投函は避けましょう。

2.ドアの隙間などにチラシを挟まない

ポストが見当たらなかったり一杯で入らなかったりした場合に、ドアの隙間にチラシを挟み込むことはやめたほうが無難です。チラシが雨に濡れたり散らかってしまったりするため、クレームにつながることもあります。

3.チラシをしっかりとポストの中へ入れる

ポストからチラシがはみ出した状態で入れられると、住民によっては不快に感じるかもしれません。また、雨で濡れたり風で飛ばされたりすることもあります。クレームの原因にもなるので避けましょう。

4.ぐちゃぐちゃにならないようキレイに投函する

チラシに対してポストが小さい時は、きちんと折っていれましょう。ジャバラのようにぐちゃぐちゃになってしまったチラシは住民に不快感を与えます。

5.マンションで管理人がいる場合には許可をとる

マンションなどの集合住宅で管理人がいる場合には、チラシを投函することを伝えましょう。勝手に投函すると、後でクレームになることもあります。

6.すでに郵便物やチラシで一杯になっているポストに無理に投函しない

もともと郵便物やチラシで一杯になっているポストに無理にチラシを詰め込むことはやめましょう。チラシで中に入っている郵便物が破損することもあります。後でクレームにならないためには避けるべきです。

クレームを受けやすいケース

クレームを恐れていてはポスティングができなくなってしまいますが、防げるクレームは防ぎたいものですよね。ポスティングに対するクレームにはある程度の傾向があります。ほんの少し注意するだけでクレームを避けられるなら、ぜひとも実行しましょう。ここではクレームを受けやすいケースをご紹介します。

1.集合住宅でのポスティング

マンションなどの集合住宅にはルールがあります。そのため、ポスティングが禁止されているマンションでポスティングをするのは避けなければなりません。また、禁止になっていなくても、ポスティング中に管理人に注意されることもあります。マンションは一戸建てに比べてクレームの頻度も多いので、ポスティングするときはできれば管理人に確認したほうが無難です。

2.時間的に余裕がある住民へのポスティング

ポスティングに対するクレームは、退職者などの時間的に余裕がある人から受けることが多い傾向があります。忙しい人と比べて、クレームをいう時間があるということなのでしょう。在宅中にポスティングすることもあるため、気付きやすいということもあるかもしれません。一方で、時間的に余裕がある人はチラシをよく見てくれる可能性もあります。クレームを受けたときは誠実に対応することが求められます。

ポスティングは効率的に宣伝活動ができる1つの手段ですが、チラシを迷惑と感じる人が多いのも事実です。そのため、クレームにつながることも少なくありません。配布する側もルールを守って、住民が不快に感じるような行動は慎みましょう。

好感を持ってもらえるポスティングとは?

クレームまではいかなくても、ポスティングを迷惑と感じる人は少なくありません。最近はセキュリティ面から知らない人が自宅に侵入することに対して警戒されることもあります。そのような状況の中でも、できるだけポスティングに好感を持ってもらうには誠実さが大切です。

チラシの配り方やクレームの受け方にも、誠実さが求められます。チラシは丁寧に投函し、クレームを受けた場合はマークをして再投函しないようにしましょう。また、ポスティング中に住民や管理人に会った時は、笑顔であいさつすることも忘れずに。地域の人に良い印象を与えることが、好感を持ってもらえるカギです。

ポスティングの効果を上げるその他の方法を見る>>

TOPへ戻る