1.目的を明確にする

ポスティングの反響率アップのコツである「目的を明確にすること」について解説します。

目的を明確にしなければ配布物は決められない

ポスティングは手軽に利用できる宣伝方法ですが、ポスティングの反響率を上げて十分な効果を得るためには色々なコツや工夫が必要になります。 業種などによっても異なりますが、ポスティングで配布したチラシを見て来店するのは1000枚配布して1人、反響率は0.1%程度とされています。

効果的にポスティングを行うには、まず目にとまるようなデザインが必要と考えている方が多いです。印象的で目立つデザインであることも勿論大事なことなのですが、他にも色々なコツが必要です。 まず最初にあげておきたいのは目的と目標を設定することです。

ポスティングは売上を上げたいという目的で行う場合が多いですが、売上アップを目的にチラシを作ってやみくもに配布したからといって売上がアップするわけではありません。

まずどうやって売上をアップさせるのかを考える必要があります。既存の客単価をアップさせたい、新しい顧客を開拓したい、リピーターを増やしたいなど、売上アップの方法には様々な方法があり、どの方法にするかにより、配布先、配布物、チラシの内容も変わってきます

具体的な目標を決めることがおすすめ

新しいお客さんを増やしたいなどといった曖昧な目標では、効果が出たかどうかがわかりませんし、スタッフの間で認識も違ってしまいます。 具体的な目標を設定し、客観的に見た効果を測定してスタッフ間でも意識を共有する必要があります。

具体的な目標を設定するのは難しいことなのですが、最初は一般的な反響率を参考にし、高齢者なのか単身者なのか女性などのターゲティングを決める事も大事です。

一般的なポスティング反響率は0.1~0.3%といわれています。つまり、ポスティング1回で10,000戸に配布した場合の目標反響は30人となり、新しい顧客を30人増やすことが最初の目標となります。

2回目以降は前回に得た値をもとに、コストや反響率をあわせて考えて決めるようにします。

TOPへ戻る