ターゲティング|反響率アップ!効果的なポスティングのコツ

 ポスティングにおけるターゲティングの重要性、生かし方について解説していきます。

ポスティングを行う際にはターゲットを考えることが重要

ポスティングで集客を考えるのであれば、ターゲットにいかに興味を持ってもらえるかということが大切です。そのためにデザインは重要視され、優れたものを作成しようとするでしょう。

しかし、優れたデザインだけではポスティングを成功させることはできません。ターゲット層を意識して、業種によってデザインやレイアウトを変更していく必要があります。ここでは、業種ごとに適したデザインにするコツについて説明していきます。

スーパー、日用雑貨、食料品などのお店

新聞の折り込み広告にも多く入っているスーパーや日用雑貨などのチラシ。こうしたチラシは「激安」「タイムセール」「大安売り」と、とにかく安さをプッシュしているものが多い傾向にあります。

しかしながら、安さをプッシュすることを重視しすぎた結果、たくさんの品目が並んでいるだけで、乱雑な印象を持たれる恐れがあります。

確かに安さというものは重要ですが、どうしても文字だけではイメージがつき辛くなるものです。そこでスーパーや日用雑貨、食料品などのお店のチラシ作りのコツとしては「目玉商品の画像を掲載する」ということです。

それに合わせて特売しているものをいくつか画像を掲載していくことで、何が安いかを一目で確認することができます。それに加えて、数量や日付を限定することで、より高いお得感を引き出すことができます。

スーパーや日用雑貨といった広告は、どうしても項目が多くなりがちになってしまいます。まずデザインの段階で「必ず記載しなければならないこと」「掲載する商品の数」を決めておきましょう。その後に目立たせたい項目に順番をつけていけば、デザインをするときに重要な品目を忘れずに含むことができます。

あわせて、チラシにクーポンをつけるということも有効です。チラシに付加価値が加われば、読み手をより引き込むことができます。

また、デザインを決めかねているというときには、ラフスケッチでデザインを先に決めるといいでしょう。先にラフスケッチで「どの品目をどこに書くか」を決めておくことで、デザインを作り始めたときに書きながらポジション決めに悩むような手間が省けます。

さらに、先にデザインを決めておけば、スペース配分のミスを減らすことにも繋がっていきます。

不動産、リフォームなどの住宅業

不動産はポスティングでターゲット層を狙うのが難しい業種の1つです。

不動産には高級感のあるデザイナーズ物件もあれば、手軽な賃貸物件もあるでしょう。不動産チラシは、物件の違いによってターゲットも大きく違ってきます。そのため、不動産のチラシには下記のように複数の種類があります。

不動産チラシの種類

  • 物件羅列型
  • 特売物件紹介型
  • 間取り図掲載型
  • 大型チラシ型

物件羅列型は数多くの物件を掲載して、その中から選んでもらうことを目的としたチラシです。そのため、ターゲットの年代層を気にすることなく、広範囲に配布することができるのが特徴です。

特売物件紹介型は、急遽キャンセルになってしまった物件を特別価格で販売するためのチラシになります。まさに今お得であるといった「お得感」をプッシュすることができます。

間取り図掲載型はその名の通り、建物をピックアップして間取り図を一緒に掲載しているチラシです。一目でどういった建物になっているか分かりやすいため、広告としても一定のニーズがあります。

大型チラシ型は、間取り図掲載型のチラシをさらに詳しくしたもので、建物の値段などは勿論、間取りや地図までしっかり乗せたチラシです。建物の詳細について掲載することができるため、より特定の層を狙ったポスティングが必要となります。

このように不動産のチラシには様々なタイプがあり、売り出したい物件との適性を見極めた上でデザインを施すことが大切です。しかし、不動産物件の購入は一生に一度の買い物となるため、過度に安さをアピールすると逆に信頼感を損なうリスクがあります。

「この会社なら安心できる」という、安心感を与えることができる広告を目指すことが、より多くの顧客の獲得へと繋がるのです。

美容院、エステなどの美容業

美容院やエステは一度お店に来てくれれば、よほどの問題がない限りリピーターとなる可能性が高いです。そのため、新規客の開拓が経営上、重要な問題だといえるでしょう。その新規客を獲得するための方法が、ポスティングとなります。

美容院やエステといった美容業のポスティングは、ほとんどの場合ターゲット層が女性となります。一般的に美容院やエステの広告といえば、綺麗な女性と価格を乗せたものを思い浮かべることが多いでしょう。

しかし、それだけでは広告としてのインパクトに欠けてしまい、他のお店との差別化ができなくなってしまいます。そのため、他の美容室にはない、独自性・魅力をアピールすることが、顧客獲得のポイントです。

たとえば、女性の写真だけではなく、内装などの雰囲気が分かりやすいものであれば大まかにお店の雰囲気を掴むため、興味を持ってもらえる場合も多いです。それに合わせて「初回半額!」や「チラシ持参で5%割引」といったようなお得要素を加えることで、「一度行ってみようかな」という気にさせることができます。

気に入ってもらえればリピーターが望めるために、初回にお得感を出すということはとても重要な要素となるのです。

再来率確保の取り組みも忘れずに!

店舗を利用してくれたお客様には、クーポンなどを添えてダイレクトメール(お礼状)を郵送するということも、リピーターの獲得方法として有効です。

具体的には、利用いただいたコースに加え、クーポンを使ってプラスアルファのコースにできるようなサービスを考えておくことで、再度来店してくれる確率も高くなります。

ポスティング業者の中には、ポスティングだけではなくダイレクトメールも取り扱っているところがありますので、そうした業者を利用することを視野に入れてみましょう。

他にもポイントカードを作り、指定回数を到達すると割引といったようなサービスを設けることで、定期的に通ってもらえるようになる可能性も上がります。

業種に合わせてチラシを工夫し、集客に繋げよう!

代表的な例をいくつか挙げていきましたが、業種ごとにターゲット層や、効果的な広告の見せ方は変わってきます。ポスティングを検討する際は、ターゲティングを前提にデザインを考えてくことが集客効果を高めるカギとなるのです。

しかし、あまり情報を詰め込みすぎても、読みにくくなるだけです。本当に伝えたいところに要点を絞り、読み手のニーズに直接訴えかけるアプローチが不可欠要素です。

最近ではネット広告の増加により、ポスティングの反響率を懸念する声も少なくありません。しかしながら、これらのコツを押さえておくことで集客効果は得られます。ポスティングを上手く利用し、業績向上に活かしてください。

ポスティングの効果を上げるその他の方法を見る>>

TOPへ戻る